田んぼの様子

    
     アクアの米づくり
五右衛門風呂
 薪風呂を知っていますか?「湯加減いかがですか?」という言葉は昔、御主人がいい湯だな〜とお風呂に入って奥様が風呂焚き場の火の加減を見る、という情景を思わせてくれます。
 私が初めて五右衛門風呂を体験したのは佐渡に移り住む前の2000年11月2日でした。寒くて雪が少し降っていました。見ず知らずの私をおじいさんあばあさんは温かく迎えてくださりました。お風呂場は一見普通に見えましが、体の芯からぽかぽかと温まる柔らかさに感激しました。そのうち、だんだん熱くなってきて水を入れました。外は寒いのに、汗が出るほどあったかさがずっと続くのです。まるで水戸黄門時代に行ったような夢心地でふとんに入ると、湯たんぽがさりげなく入っていて優しさに包まれた佐渡の夜でした。

お風呂の焚き場

 写真は我が家の風呂焚き場です。嫁ぎ先のおじいちゃんとおばあちゃんのこだわりで、2年前に新しいお風呂になりました。前から五右衛門風呂だったのですが、やっぱり薪で焚きたいと思ったのでしょう。新しくなっても変わらずぽかぽかです。電気でお湯を出すこともできるので、古くて新しい大好きなお風呂です。
 先日はかりん風呂でぽかぽかになりました。かりんは黄色くて洋なしのような形をした香りの良い木の実です。五右衛門風呂の楽しいところは、温まるだけではありません。かりんを入れると、何もしなくてもかりんの実が踊るんです。風呂釜の下からごんごんと熱が加わるので、お湯が循環しているんですね。元気の出るお風呂は最高です。
 この風呂焚き場では夕方お母さんかおじいちゃんが火を焚きます。私は一度やらせてもらいましたが火がすぐに消えてしまいます。まだまだ修行が必要なようですね。夕ごはんの前に焚いて、お風呂に入る頃には木が炭になり優しい暖かさになります。
 現代はスイッチをポンと押せばお湯が出る便利な時代です。忙しいとつい便利な物を求めてしまいますが、昔の暮らしの知恵は忘れずにいたいものですね。おじいちゃんおばあちゃんから子ども達へと暮らしの知恵を受け継ぎ、心の豊かな日々の暮らしを大切にしていきたいものですね。
| 佐渡の暮らし | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
初雪
12月3日佐渡の街に初雪が降りました。
 佐渡ヶ島は、朝顔の双葉のようなとっても個性的な形をしています。対馬海流の影響で、同じ新潟県でも本土の気候と少し異なります。佐渡の冬は本土より2度高く、夏は2度低いという事を地元の方に教わりました。一番高い金北山では11月初め頃に雪が積もり、秋晴れの青空には紅葉との美しい彩りを見せてくれます。

金北山の雪景色

昨年は、歩道にも沢山雪が積もりました。朝夕の通勤には長靴が大活躍です。寒い朝に、ぽかぽか暖かい体で仕事を始める事が好きです。今年も雪道を歩く日々が待ち遠しく、今まで通ったことのない新しい道も歩いてみたいです。
 私は島の真ん中辺りに住んでいます。初雪が降るととても嬉しく、「早く積もらないかな」とわくわくした気分を運んでくれます。雪が一面に積もると冬の景色が明るくなりますね。冬が寒くて厳しいほど、春が嬉しく暖かく感じます。
| 佐渡の暮らし | 16:30 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
佐渡の湖
 佐渡で一番大きな湖、”加茂湖”を散歩しました。
 久しぶりの青空が広がり、一周するつもりで歩き始めました。どんどん歩いて行くと、加茂湖で養殖されている牡蠣の殻がたくさん積まれていました。
そして、その先には小屋があり、お母さん方が一生懸命牡蠣殻をむいていました。
 さらに30分ほど歩いていくと、湖の全体が見えてきました。のんきに歩いていたものの、次第に帰れるか不安になり、雨も降ってきました。結局は引き返し、今度来る時はもう少し先まで行けたらいいな、と思いながら家へ帰りました。

大きな加茂湖

 佐渡に来て、よく島外の友達に聞かれます。「佐渡ってお店あるの?」「佐渡って一周何分くらい?」お店はびっくりするほど沢山ある。一周は車で一日あればできると聞いたけれど、やってみた事はない。ただ車で走るにはもったいない程の素晴らしい景色が佐渡にはあるから。のんびりドライブして、きれいな所に行ったら、散歩して、おなかがすいたらお弁当を広げてボーっとするのがいい。のんびりした時間を作ることができるのがこの佐渡ヶ島。まだ行ってみたいところがいっぱいあるし、何回でも散歩したいお気に入りの山コースもある。
 
 
| 佐渡の暮らし | 08:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP