田んぼの様子

    
     アクアの米づくり
<< 五右衛門風呂 | TOP | 冬のもちつき >>
初雪
12月3日佐渡の街に初雪が降りました。
 佐渡ヶ島は、朝顔の双葉のようなとっても個性的な形をしています。対馬海流の影響で、同じ新潟県でも本土の気候と少し異なります。佐渡の冬は本土より2度高く、夏は2度低いという事を地元の方に教わりました。一番高い金北山では11月初め頃に雪が積もり、秋晴れの青空には紅葉との美しい彩りを見せてくれます。

金北山の雪景色

昨年は、歩道にも沢山雪が積もりました。朝夕の通勤には長靴が大活躍です。寒い朝に、ぽかぽか暖かい体で仕事を始める事が好きです。今年も雪道を歩く日々が待ち遠しく、今まで通ったことのない新しい道も歩いてみたいです。
 私は島の真ん中辺りに住んでいます。初雪が降るととても嬉しく、「早く積もらないかな」とわくわくした気分を運んでくれます。雪が一面に積もると冬の景色が明るくなりますね。冬が寒くて厳しいほど、春が嬉しく暖かく感じます。
| 佐渡の暮らし | 16:30 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする